sha-sa_logo.jpg
                                        
☆HPはコチラ
                                       
< シャサ・NEWS!>
☆お正月休みは2017年1月3日まで☆
  
☆ART専用ブログ は コチラ
http://ameblo.jp/marinaart/
☆スピリチュアルなお話ブログは コチラ
http://ameblo.jp/marina-enlightenment/
☆インスタグラムは コチラ
https://www.instagram.com/marinanishide/
                                     
☆絵画に関するお問合せ/オーダーは、
contact☆sha-sa.com(☆を@に換えて)までメッセージお願いいたします。
                                                                               
奇跡の法則・子どもたちと一緒に応援!asobi ARTシリーズ 作品集
                                       
☆奇跡の法則・愛の広がりプロジェクト〜あなたという絵から派生する絵々〜
・第1弾!仕上がった販売中の絵画はコチラ
・第2弾!仕上がった販売中の絵画はコチラ
・第3弾!仕上がった販売中の絵画はコチラ
※第1弾〜第3弾までのネットショップはコチラへGO!                                        
・第4弾以降の絵画閲覧&ご注文はコチラからどうぞ!
(※第4弾以降は、個人オーダーのみ、波及した9枚の絵は出来上がりませんので、ご注意ください。)
                                                       
奇跡のメダイ教会マリア様のメダイを使用したクリスタルジュエリーマリアライトジュエリー誕生! コチラ
                                                                               
[シャサ応援告知]
シャサでサポートさせていただいたHealing ART support ANANDAさんの
ネットショップ&ブログがオープンしました!
・ネットショップ:コチラからご覧ください!
・ブログ:コチラをどうぞ!
・マリアメダイとオルゴナイトを使った「祈りの花ジュエリー」誕生! NEW! コチラ
                                       

2013年07月16日

他人を引き受けていると愚痴が出る-自分の力で何とかするゾ!の現実化-

「親を反面教師に生きる-女性性の否定-」の続きですペン

「母はとても強い信念を持って貫きたかった何かを持っていて、
 ただちょっと、それをしんどい方法で貫いたのです・・・。」
クリエーターの観点にのぼると、
私が幼い頃に見ていた視点とはまったく違うところに
私がクローズアップするべきポイントがあったのだと教えられます。

母は、家族を守りたかった。
家族が皆で幸せになる道を進みたかった。
だから引き受けたのだ・・・と、クリエーターが言いました。

何を??

家族のしんどさを全部。。。とのこと。

どういうことでしょうか?

母の愚痴はなぜそんなにあんなに毎日毎日出ていたかと言うと、
母は家族の苦しさを全部ひとまとめに引き受けて、
自分を苦しめていたのです。
と、またクリエーター。

お母さんは、家族を守るということが、分かち合いを越えて、
自分の力で何とかすること・・・という思い込みを持っていました。

それが、現実化をしんどいものにしていた原因だったとクリエーター。

母は、父の暴力や暴言に耐え、
私たち子供のお世話を私たちから取り上げてすべて代わりにやってくれました。
専業主婦としてこなすべき家事の一切を完璧にし、
姑のいじめにも耐えました。
すべて自分で引き受けてるから愚痴が出る。
言い換えれば、
自分以外の人間を引き受けずに人生を生きてる人の口からは、
他人に対する愚痴は出てこないということです。


で、聞いている方には見えにくくなっているけれど、
愚痴ってる本人の奥にあるのは、
一生懸命家族のために、家族を守るために頑張っているんだ・・・
なのにうまくいかない、分かってもらえない・・・
という気持ち。


幼い頃の私は
『そんなに愚痴るくらいなら、さっさと別れて自由を手に入れてください。』
なんて思いながらその愚痴を聞いていたし、
愚痴ってる母がまさか
父も含めてこの家族で幸せになりたいと思っているなど
全然理解できていませんでしたたらーっ(汗)
母は父を愛していないとしか思えていませんでしたバッド(下向き矢印)

愚痴の裏にある人の真意って。。。
私たちは複雑な生き物でんなダッシュ(走り出すさま)わーい(嬉しい顔)

さて、そんなこんなで、
母が家族の全部を引き受け、自分の力で何とかしようとしていたことについて、
シータヒーリングの両親アプローチ掘下げを使って、
少々働きかけをしていきたいと思いますひらめき


主訴:私の力で家族の全部を何とかするぞ!

ク:お母さんはそのことについて、深いところでどう感じていたと思いますか?
私:私が何とかしなければならない。

ク:そのことについて、お母さんはさらに深いところでどう感じていたと思いますか?
私:愛されない、スーパーヒーローじゃないと。。。

ク:お母さんはそのことについて、また深いところでどう感じていたと思いますか?
私:私はこのままではダメだ。できる女にならないと!

ク:なぜお母さんはそう思うようになりましたか?
私:自分は歯がゆい。思うようにできないと。。。

ク:そこでお母さんが学んだことは何ですか?
私:自分を変えてでも、全部やる。

ク:お母さんはさらに深くそのことについてどう考えていたと思いますか?
私:私がやらなければ、私の存在価値はない。

ク:どうしてですか?
私:何も生み出せない。何かを創り出すことができない。

ク:そのことについてお母さんは深いところでどう感じていたと思いますか?
私:私には愛される才能がない。人が羨むほどのタレント力がない。

ク:お母さんはそのことについてまた深いところでどう感じていたと思いますか?
私:一生幸せになることは無理だ。

ク:お母さんはどうしてタレント力を必要としましたか?
私:だって、華がない。
  何もしなくても勝手に愛されてしまうほどの華が自分にはない。

ク:だからお母さんはどうしましたか?
私:一生懸命人の世話を引き受けた。

ク:お母さんは引き受けてどうしようとしましたか?
私:人に、居てもらわなきゃ困る人になろうとした。

ク:そこでお母さんが学んだことは何ですか?
土台:私は魅力がない分、人の世話を引き受け自分の愛される価値をカバーします。
DL→
クリエーターの定義で、
・そのまま(自分のまま)愛されるとはどういう感じがするのか知っている。
・自分が愛される魅力を持っている存在だと知っている。
・愛してもらおうとするのではなく、
  愛されていると信じるとはどういう感じがするのか知っている。
・お互いに愛し合える素質を持っているから、パートナーと出会った・・・
  というその奇跡を知っている。
・本質が愛されていることを理解できる。
・感謝されるからそれが愛に変わるのではなく、
  愛はずっとそこに普遍的に存在するものであるということを理解している。


ク:土台の思考からお母さんが学んだネガティブな学びは何ですか?
私:だから私は自分に愛される要素が何もない。
DL→
☆クリエーターの定義で、
・その学びがもう完全に学びきって学びを終了した。
・喜びがある。
・生きる目的がある。
・愛されて女になる価値がある。


ク:もう一つお母さんが学んだネガティブな学びがあるとした何ですか?
私:だから私は愛されて働くことができない人間なんだ。
DL→
☆クリエーターの定義で、
・その学びがもう完全に学びきって学びを終了した。
・愛されて生活している。
・幸せで豊かである。


ク:もう一つお母さんが学んだネガティブな学びがあるとした何ですか?
私:だから私は価値がないという自己不信を拭い去ることができない。
DL→
☆クリエーターの定義で、
・その学びがもう完全に学びきって学びを終了した。
・価値があると信じることができます。
・愛されてると分かることができます。
・光を見ることができます。


ク:土台の思考があったおかげでお母さんの人生に良かったことは何ですか?
私:そのおかげで家族の中に存在価値を見つけ出すことができた。
DL→
☆クリエーターの定義で、
・「私は魅力がない分、人の世話を引き受け自分の愛される価値をカバーします。」
  という思考がなくても、家族の中で愛されていると分かることができます。


ク:土台の思考があったおかげでお母さんの人生にもう一つ良かったことは何ですか?
私:愛されて依存できた。

ク:お母さんのそのメリットは?
私:幸せになれた。
DL→
☆クリエーターの定義で、
・「私は魅力がない分、人の世話を引き受け自分の愛される価値をカバーします。」
  という思考がなくても、幸せになれる。



以上ですぴかぴか(新しい)

母の、「自分の力で何とかするぞ!」には、
たくさんの人を幸せにしなければ愛されないという思い込みがりました。

感謝されるから愛されるのではなく、
既にもともと愛されている存在なのだということをもう一度しっかり教えられました。

役に立たなくてもいい。
自分をもっと信じて生きたい。
自己信頼の上で成り立つ、人との協力がしていきたい。


引き受け系の何かを持つ方は、ぜひ、どうぞダウンロードをハートたち(複数ハート)


・・・と、同時に、
この母の土台の思考にある、人の世話≠ニいうところを読む度に、
何かとっても気持ち悪さを感じますがく〜(落胆した顔)
父の感情。
この次では、父の感情について見ることになりそうですパスワード



☆両親とはまた違う、パートナーと私らしい愛の育みを!
 シータヒーリングソウルメイトセミナー 7月27、28日(土日)

☆シータヒーリング実践会 「思い込みを色々変える」
  7月30日(水)

☆両親アプローチの掘下げを学ぶ!
 シータヒーリング豊かさと願いの実現セミナーは、
  8月10、11日(土日)

☆むっちゃ楽しい!シータヒーリングを学ぼう!!
 シータヒーリング基礎DNAセミナー 8月13、14、15日(お盆休み)
posted by Marina at 14:36| 大阪 ☁| 両親アプローチの掘下げ☆感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

受容度の高い女性へ

男の子になりたい病。パートナーと張り合うぞ!の続きですペン

一個前の記事の最後に書いたこと。
自分の長いことのテーマだったので、やっと見ていける準備が整ったようで、
すごく嬉しく思いますぴかぴか(新しい)
私はやっぱりシータヒーリングの掘下げワークが大好きですexclamationハートたち(複数ハート)

では、このテーマ、見ていきたいと思いますひらめき

『母の苦悩からくる無価値観を感じたなら、
 母自身が価値を取り戻せるようにサポートするつもりで見守れたらいいのだけれど、
 母は価値を取り戻せないと信じ、
 娘の価値で満足してもらおうと誘導する無意識に、
 何かの歪みを感じます・・・。』
というお話。

クリエーターに上記を言って、
「以上、私のすべてを今、最高最善に変えなさい。」とコマンド。
エネルギーがすべてに降りてきますが、
きれいに入らなかったところに主訴となる思考パターンをキャッチexclamation

どうやらこれも母の遺伝的思考と絡んでいるようですひらめき


主訴:私は自分でされることが怖い。

ク:どうしてですか?
私:お母さんに自分でしようとしたことを何でも取り上げられて、
  代わりにお母さんがしていたのを思い出します。

ク:そこで学んだことは何ですか?
私:私がやっちゃいけない。すべてお母さんに渡さなければいけない。

ク:どうして?
私:母には母のやり方があって、私のやり方は母のと違っていたので、
  それを見た母は我慢できなくなるようでした。
  母は自分のやり方でしか成功はなく、私のやり方でやってるのを見ると、
  それは失敗に繋がると見ていました。
  でも、私には私のイメージがあり、こうやればこうなってこうできる!って
  思っていたんですけど、それは途中ですべて遮られ取り上げられて
  代わりにされてきたので、一度も成功を見たことはありませんでした。
  (イメージは、段ボールに紐を結んで持ち手を作っているイメージでした。)

ク:お母さんは、娘のやり方ではうまくいかない・・・ということについて、
  深いところでどう感じていたと思いますか?
私:手出しできないのがまどろっこしい・・・。

ク:「手出しできないのがまどろっこしい。」ということについて、
   お母さんはさらにどう感じていたと思いますか?
私:信頼できない。子供のことを。。。

ク:「信頼できない。子供のことを。。。」ということについて、
   さらにお母さんはどう感じていましたか?
私:子供が嫌い。。。しんどい。

ク:「子供が嫌い。しんどい。」ということについて、
   またさらに深くお母さんはどう感じていたと思いますか?
私:子供の(遅い)速度についていけない。イライラする。

ク:お母さんはどうしてそう感じていたようですか?
私:いっぱいやることがある!主婦は色々やることがある!
  すべてを片付けないと、旦那さまに怒られる。

ク:お母さんはどうしてそのようなことを感じていましたか?
私:専業主婦だから。
  父は仕事してお給料を持って帰ってくる身。
  そのお金を使わせてもらうなら、自分は家事を仕事と見なし、
  職に就いてる社員と同じようにこなさなければならない。

ク:どうしてお母さんはそう思うようになりましたか?
私:母の母がイメージに出てきます。とても厳しかったようで、
  祖母は祖父と二人で働き詰めの毎日を送っていたので、
  家事は娘たちの仕事だったようです。
  祖母は祖父と稼いでくるから、家の中のことは子供たちの義務でした。

ク:そこでお母さんが学んだことは何ですか?
私:働かざる者食うべからずです。

ク:お母さんは自分が収入を得る働きをしていないということについて、
  深くどう感じていたと思いますか?
私:一家のお荷物だ。

ク:「一家のお荷物だ。」ということについて、
   さらにお母さんはどのように感じていましたか?
私:私には収入がない。みすぼらしい気持ちだ・・・。

ク:どうしてお母さんはそのように感じましたか?
私:働かざる者食うべからずが効いてるみたいです。
  働くとは収入を得るということで、収入を得ていない母は、
  生きていても無駄な感じが感じられます。

ク:そこでお母さんが学んだことは何ですか?
私:ギリギリ限界までしっかり働く、貢献する。
  休みなしで貢献するです。

ク:そこからお母さんが学んだことは何ですか?
私:(家で)身を粉にして働けば、存在価値を分かってもらえる。

ク:そこから学んだお母さんのお父さんへの気持ちは何ですか?
私:私を認めてもらいたい、そのままでいいと。

ク:どういうことですか?
私:母は父に認められていないように感じていたみたいです。
  父に何かと指示される度に、
  自分は間違っていると言われていると思い込んでいました。
  父にとっては何気ないことでも、
  母は父の考え方にとても敏感になっていました。

ク:何でですか?
私:自分が悪いと考えていたからです。
  すべて自分が悪く、何でも自分の責任だと捉えていました。

ク:どうしてですか?
私:ものすごく働いていないことに罪悪感がありました。
  
ク:どうしてですか?
私:私には頼れるモノ(収入)がないから、(旦那に)捨てられたら終わりだ。

ク:お母さんがそこから学んだことは何ですか?
私:何でも自分が悪いとし、パートナーを肯定し、家族を平和に保ちます。

ク:だからお母さんは何を学びましたか?
私:(家の中のことは)すべて私の責任で、事を成さなければならない。

ク:そこからお母さんがさらに学んだことは何ですか?
私:私がすべて責任を被り始末する。

ク:だから何をお母さんは学びましたか?
土台:私がすべての責任を被り、手出しさせないで私がすべてをやる。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・自分を見守ることができます。
・自分の立場でモノを見ず、相手の立場でどうしてほしいかを考えられます。
・相手の立場からモノを見ることができます。
・相手には相手の事情があることを考慮することができます。
・自分のものではないことを見守ることができます。


ク:お母さんが土台の思考から学んだネガティブな学びは何ですか?
私:だから私は人のことまですべてやる。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・その学びがもう学びきって、その学びを終了した。
・境界線を持つとはどういう感じがするのか知っている。
・人のことは人に任せるとはどういう感じがするのか知っている。


ク:お母さんが土台の思考から学んだネガティブな学びがもう一つあるとしたら何ですか?
私:だから私は常に忙しくなる。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・その学びがもう学びきって、その学びを終了した。
・ゆったりできる。
・自分のことを十分にできる。
・自分を楽しむ気持ちを持って生活できる。


ク:お母さんが土台の思考から学んだネガティブな学びがもう一つあるとしたら何ですか?
私:だから私は煙たがられ、愛されない。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・その学びがもう学びきって、その学びを終了した。
・皆から愛されている。
・慕われている。
・信頼されている。


ク:お母さんが土台の思考から学んだネガティブな学びがもう一つあるとしたら何ですか?
私:だから私は自分のことが何一つできない。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・その学びがもう学びきって、その学びを終了した。
・自分のことをやれます。
・自分のことに集中しても、人のことに参加することができます


ク:お母さんが土台の思考を持っていたおかげで人生に良かったことは何ですか?
私:そのおかげで安全だ。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・「私がすべての責任を被り、手出しさせないで私がすべてをやる。」
  という思考がなくても、安全だと知っている。


ク:お母さんが土台の思考を持っていたおかげで
  もう一つ人生に良かったことがあるとしたら何ですか?
私:そのおかげで、家庭内で、私の権力は大きい。

ク:お母さんのそのメリットは?
私:安心して自分の居場所を確保できる。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・「私がすべての責任を被り、手出しさせないで私がすべてをやる。」
  という思考がなくても、安心して自分の居場所を持てると知っている。


ク:お母さんが土台の思考を持っていたおかげで
  もう一つ人生に良かったことがあるとしたら何ですか?
私:母でいられる。

ク:そのお母さんのメリットは何ですか?
私:大切にされる。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・「私がすべての責任を被り、手出しさせないで私がすべてをやる。」
  という思考がなくても、大切にされると知っている。



う〜ん。。。
自分にもこの土台の思考の癖をすごく感じていたんだけれど、
母からの遺伝だったんだよなぁ、そう言えば、いつもそうだったなぁ。。。という感じ。
で、祖母を想像すると、祖母も人のことまで何でもやっちゃう、、、
そういうタイプの人だった。。。
そんな感じがしますわーい(嬉しい顔)

これからは人のこと、信頼しつつ、自分のことに集中!
かつ、人への配慮もある、
そんな受容度の高い女性を目指したいと思いますわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

LOVE〜黒ハート



☆両親とはまた違う、パートナーと私らしい愛の育みを!
 シータヒーリングソウルメイトセミナー 7月27、28日(土日)

☆両親アプローチの掘下げを学ぶ!
 シータヒーリング豊かさと願いの実現セミナーは、
  8月10、11日(土日)

☆むっちゃ楽しい!シータヒーリングを学ぼう!!
 シータヒーリング基礎DNAセミナー 8月13、14、15日(お盆休み)
posted by Marina at 13:50| 大阪 ☁| 両親アプローチの掘下げ☆感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男の子になりたい病。パートナーと張り合うぞ!

「父親から受け継ぐ遺伝的男性像とパートナー」の続きですペンペン

一つ前、二つ前の両親アプローチ掘下げをしていて分かったこと。
私は小さい頃ずっと「男の子になりたい!」って思っていました。
そのことについて、おのブログでも自分アプローチでの掘り下げのシェアをしてきました。

「私が男の子に生まれたかった。。。」とつくづく思っていた一番最初は、
そう言えば、
代々受け継いできて両親が持つ、この女とは・・・≠ネ考え方だったと、
今はっきり認識できた感じがします。

ソウルメイトの彼とのケンカで、自分が自分に感じたこと。
それは、仕事や考え方の面で、彼に張り合っている感覚の自分でした。

過去の恋愛で、一度だけ自営業の彼の経理を手伝いに行くことになり、
付き合っている男性の経営する会社で働きました。
その時も従業員さんへの態度についてなどの考え方で
めっちゃ彼に張り合っていた自分を思い出しますたらーっ(汗)

自分の中には、両親の「女の子なんだから・・・」と言う制限に反発した
男の子への憧れから、
男の子になろうと頑張って生きてきた無意識がまだずっと残っています。

なので、彼に対しても、
「どこか両親にされたような『女なんだから・・・』って扱いをされたくない!」
という防御反応が出て、男性性を強く出してしまう時があるみたいです。
『これでは男性の立場ないよなぁ。。。』って思いますダッシュ(走り出すさま)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

ここはクリアにしておきたいexclamation
最近内面女子を目指し始めた私としては、大事なワークなので、
シータヒーリングで思い込みに働きかけたいと思いますハートたち(複数ハート)

お話ししていたことについて、クリエーターに、
「以上、私のすべてを今、最高最善に変えなさい。」とコマンド。
エネルギーがすべてに降りてきますが、
きれいに入らなかったところに主訴となる思考パターンをキャッチすることがでいますひらめき


主訴:私は男性と張り合います。

ク:どうしてですか?
私:幼い頃、母に「これでもかっ!」って言うほど、兄と比べ行動を制限されたからです。

ク:どんな風に?
私:主に家事手伝い全般です。
  兄は男の子だからやらなくていい。私は女の子だからやりなさい。と。。。

ク:どんな気持ちになりましたか?
私:絶対男性を越えて、男女平等にしてやる!

ク:そこで学んだことは何ですか?
私:私は男性を越えなければ、不平等な待遇をされる。

ク:そこで学んだことは何ですか?
私:お母さんに何かと盾つく・・・です。

ク:お母さんに盾ついたのはどうしてですか?
私:私を女として見てほしくないからです。

ク:女として見られたら最悪どうなりますか?
私:すべてダメ!「私(母)に従いなさい。」と言われます。

ク:どうしてですか?
私:母にとって、私しか頼りになる人がいないからです。
  母は父に絶対で従っています。兄はこの家の長男で男の子だから特別です。
  男でもなく、特別でもなく、体よく従えさせて指示でき、
  手伝ってもらえるような存在は私しかいません。

ク:お母さんは、「自分の頼りになるのはこの子(私)しかいない。」
  ということについて、深いところでどう感じていたと思いますか?
私:この子だけは手放さない。

ク:「この子だけは手放さない。」ということについて、
   お母さんはさらに深いところでどのように感じていたと思いますか?
私:私を一人にしないで。

ク:「私を一人にしないで。」ということについて、
   さらに深いところでお母さんはどう感じていたと思いますか?
私:私の味方になってくれる人は誰もいない。

ク:お母さんはどうしてそのように感じていたと思いますか?
私:姑との問題を感じます。姑からずっといじめられていて、
  そのことについて話せるのが私しかいなかったからだと感じます。
  父に話すと機嫌が悪くなるし、
  兄は無頓着で、女のそういう話に乗れるほど、精神年齢が高くなかったので。

ク:お母さんは、「私の話を聞いてほしい。味方になってほしい。」
  ということについて、さらに深くどう感じていたと思いますか?
私:私だけが取り残されていく・・・闇の世界に・・・。

ク:どうしてですか?
私:私たち子どもは明るく外の世界に向かって成長していってるし、
  父も会社に向かって出て行くし、
  母だけが、外へ出ることを許されなくて、内にこもったまんまです。

ク:お母さんは、自分だけ外の世界へ出られないことを深くどう感じていたと思いますか?
私:嫉妬・・・成長できない嫉妬です。

ク:お母さんがそこから学んだことは何ですか?
私:私を見くびらないでほしい。

ク:どうしてですか?
私:母はもともとよく働いて稼いでいたキャリアウーマンで、
  人あたりもよく、社交的な人だったからです。

ク:そこでお母さんが学んだことは何ですか?
私:私の過去の栄光が忘れ去られていく。。。

ク:お母さんはさらに深いところでどんな気持ちになりましたか?
私:私は終わった身だ。もう輝きはない。

ク:お母さんはそのことについてまたさらに深くどう感じていますか?
私:自分には何も価値がない。自分には向き合えない。

ク:だからどうしましたか?
私:娘をブランド化する。娘が代わりに私の価値になり、一緒にい続ける。

土台:私は娘を自分の価値として、(二人羽織のように)娘と一緒に居続けます。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・私は娘と自立できます。
・自分の価値を思い出すことができます。
・自分の人生はまだまだこれからだと知っています。
・輝きを持つことができます。
・自分の価値で生きていきます。


ク:お母さんが土台の思考から学んだネガティブな学びは何ですか?
私:だから私は自分に価値がなくていい。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・その学びがもう学びきって、その学びを終了した。
・自分の価値を取り戻すことができる。
・自分の価値を認めてあげる。


ク:お母さんが土台の思考から学んだネガティブな学びがもう一つあるとしたら何ですか?
私:だから私の中に何もなくても、娘が高まればいい。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・その学びがもう学びきって、その学びを終了した。
・自分を高め、共に成長することができる。
・自分の成長を促すことができる。


ク:お母さんが土台の思考から学んだネガティブな学びがもう一つあるとしたら何ですか?
私:だから私は(誰にも)相手にされない。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・その学びがもう学びきって、その学びを終了した。
・自分が魅力的だと知っている。
・自分には価値があることを理解することができる。
・自分の魅力を引き出すことができる。


ク:お母さんが土台の思考を持っていたおかげで人生に良かったことは何ですか?
私:娘を支えられるのは私しかいない。

ク:そのお母さんのメリットは何ですか?
私:自分の価値が高まる。

ク:そのお母さんのメリットは?
私:自分を見捨てないで、皆の中に入れられる。

ク:そのお母さんのメリットは何ですか?
私:安心できる。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・「私は娘を自分の価値として、(二人羽織のように)娘と一緒に居続けます。」
  という思考がなくても、安心することができると知っている。


ク:お母さんが土台の思考を持っていたおかげで
  もう一つ人生に良かったことがあるとしたら何ですか?
私:自分を磨けた。

ク:そのお母さんのメリットは?
私:相応しい価値を身につけられた。

ク:そのメリットは?
私:自分らしくいられた。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・「私は娘を自分の価値として、(二人羽織のように)娘と一緒に居続けます。」
  という思考がなくても、自分らしくいられると知っている。


ク:お母さんが土台の思考を持っていたおかげで
  もう一つ人生に良かったことがあるとしたら何ですか?
私:感謝された。
→DL
☆クリエーターの定義で、
・「私は娘を自分の価値として、(二人羽織のように)娘と一緒に居続けます。」
  という思考がなくても、感謝してもらえると知っている。


以上ですかわいい

うちの母がよく言ってたボヤキ。
「あんたが嫁に行く気がしない。。。ダッシュ(走り出すさま)
です(笑)

母は心配して言ってるんですが、これを聞く度に、
私は今日出てきた土台の思考のように、
母が私を手放してくれないようなイメージを感じていましたバッド(下向き矢印)

母の無意識にはこういう土台の思考があったワケだけど、
顕在意識ではとても心配しています。

・・・とうことは、幼い頃の私は、母の家族の中での苦悩を感じ、
無意識に母の誇りとなれるよう、自分自身が母の苦悩を背負って、
母に私をブランド化してもらえるように
自分で誘導したところがあったんだなぁと感じました。

母の苦悩からくる無価値観を感じたなら、
母自身が価値を取り戻せるようにサポートするつもりで見守れたらいいのだけれど、
母は価値を取り戻せないと信じ、
娘の価値で満足してもらおうと誘導する無意識に、何かの歪みを感じますパスワード

この人にはできないと信じ、自分は強いから変われると信じるところ・・・。
5層的な考えかしら??
また見てみたいと思いますハートたち(複数ハート)

まぁ、まずは、親離れ、子離れに乾杯わーい(嬉しい顔)バーバー



☆両親とはまた違う、パートナーと私らしい愛の育みを!
 シータヒーリングソウルメイトセミナー 7月27、28日(土日)

☆両親アプローチの掘下げを学ぶ!
 シータヒーリング豊かさと願いの実現セミナーは、
 8月10、11日(土日) 詳細はコチラ

☆むっちゃ楽しい!シータヒーリングを学ぼう!!
 シータヒーリング基礎DNAセミナー 8月13、14、15日(お盆休み)
posted by Marina at 02:36| 大阪 ☀| 両親アプローチの掘下げ☆感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする