sha-sa_logo.jpg
                                        
☆HPはコチラ
                                       
< シャサ・NEWS!>
☆お正月休みは2017年1月3日まで☆
  
☆ART専用ブログ は コチラ
http://ameblo.jp/marinaart/
☆スピリチュアルなお話ブログは コチラ
http://ameblo.jp/marina-enlightenment/
☆インスタグラムは コチラ
https://www.instagram.com/marinanishide/
                                     
☆絵画に関するお問合せ/オーダーは、
contact☆sha-sa.com(☆を@に換えて)までメッセージお願いいたします。
                                                                               
奇跡の法則・子どもたちと一緒に応援!asobi ARTシリーズ 作品集
                                       
☆奇跡の法則・愛の広がりプロジェクト〜あなたという絵から派生する絵々〜
・第1弾!仕上がった販売中の絵画はコチラ
・第2弾!仕上がった販売中の絵画はコチラ
・第3弾!仕上がった販売中の絵画はコチラ
※第1弾〜第3弾までのネットショップはコチラへGO!                                        
・第4弾以降の絵画閲覧&ご注文はコチラからどうぞ!
(※第4弾以降は、個人オーダーのみ、波及した9枚の絵は出来上がりませんので、ご注意ください。)
                                                       
奇跡のメダイ教会マリア様のメダイを使用したクリスタルジュエリーマリアライトジュエリー誕生! コチラ
                                                                               
[シャサ応援告知]
シャサでサポートさせていただいたHealing ART support ANANDAさんの
ネットショップ&ブログがオープンしました!
・ネットショップ:コチラからご覧ください!
・ブログ:コチラをどうぞ!
・マリアメダイとオルゴナイトを使った「祈りの花ジュエリー」誕生! NEW! コチラ
                                       

2013年11月21日

豊かさを阻む罪悪感

書きたい欲求が高まってきたんで書くペン

書きたい時は何かある。
創作する、表現する、自分を愛する行為を求めている時の欲求。
自分を表現することは大事だ。
自分を表現することで、生きている実感が湧く。
今日一日生活した中で、一番有意義な時間の一つとなる。
毎日毎日、自分を表現して、自分に見せていること、それって最大級に自分を愛しているってことを私に伝える愛の表現だと思う。

運命は変わる。
生活は変わる。
果たして皆さんはそれを信じているだろうか?
未来は変わるし、変えられる。
そのことを信じて生きているだろうか?

私たちにはずっと、運命を決められてきたという歴史が存在する。
その時の私たちのご先祖様は、それが運命だと受け入れるしかなかった時がある。
私たちはそれを実感を持っては知らない。
私たちはまるで別世界のこととして区切って生きている。
だけど、本当は私たちの血の底に、脈々と流れる考えが存在する。

そうやって私たちは知らず知らずに影響を受けて育み生きているものがあるんだ。

私が生まれる前に亡くなった祖父が、ある時私にこう言った。
「戦争で亡くなった人たちの供養をしてほしい。」って。

私:「嫌だ。無理だよ。お祖父ちゃんがやりたいことなんだから
   お祖父ちゃんがクリエーターとの関係の中でやってよ。」
自分とアンドロメダの仲間たちのやり取りを思い出す。。。
☆エピソード
だけど、他人のこと、宇宙人のことと遺伝的なことは、ちょっと違ったみたいだ。

私はそのまま眠ったけど、しばらく後にその話を母にした。
私はちっとも悲しくないのに、
「お母さん、お祖父ちゃんが、
『自分は本当は戦争に行かなくちゃいけない身だったのに行かなくてよくなった。
 行った周りの人たちは皆死んだ。自分だけ生き残った。
 だから、亡くなった人たちの供養をてほしい。』って言うんだよ。」
そう伝えながら不思議と涙がこぼれてきた。

聞いていた母も涙を浮かべた。
「広島とか長崎とか、本当は一度はお参りしたいんだ。」って母が言った。

私の上海に住むいとこは、中国の女性と結婚している。
亡くなった祖父が、いとこに力を貸したと言った。
二人の恋愛に一役買ったと言った。

いとこ。
上海で不整脈からくる意識不明の状態になり、
上海の病院で1週間意識不明だった。

医師も霊媒師も皆、口を揃えて助からないと言ったそう。
彼は気が付くと、30回のAED電気ショックを心臓に受け、
電気で胸元が黒焦げになっていた。

すべての臓器が一時的に異常事態に陥り、助かってもどこかに障害が出て、
まともな生活は無理だろうと言われながら奇跡的に回復した。
後で知ったこと。
もし日本で同じ状況で倒れていたら、
AED電気ショックは6回までという規定があり、助からなかったと言われたそう。

中国の人たちは、胸元が黒焦げになって医療ミスを叫ばれるかもしれないことよりも、
命を助けること優先なんだそうだ。

お祖父ちゃんは言った。
「あの子は、中国の方々に助けられた。
 奥さんを大切にし、幸せになって、
 中国の方々に大切にされるようになりなさい。」って。

お祖父ちゃんは愛媛県宇和島市の小さな島で、
一日2時間〜4時間しか寝ずに毎日ものすごく働いた人だったと聞いた。
働いて得たお金も、食料も島の貧しい人たちを食べさせることに惜しみなく使った人で、
何か頼まれたら断らない人。
島の人々が宇和島まで気軽に出られるよう、
他の2人の人と一緒に定期船を運航させる船会社も設立し、
小さな島ながらとても頼りにされる裕福な人だった。

祖母もそれに合わせて働きづめで、一日の睡眠時間があまりにも短く、
労働時間があまりにも長く、
子どもは上の子どもが育てるようなそんな生活で、
子どもにも厳しかったと聞き、
なぜ、そこまで頑張って働くのか?
なぜ、そこまで人のためになろうとするのか?
不思議でならなかった。

お祖父ちゃんがある晩私のところへ来て言ったこと。
「自分は戦争に行くべきなのに行かずに済んだ身だった。
 皆死んだのに、自分だけが生き残った。。。」
その言葉と、人のために働きづめた祖父の姿がリンクする。

祖父は戦争に駆り出されるかの身体検査で、
片目の瞼が下がっていたことから、目が不自由だと思われハネられたのだった。
祖父の弟たちは戦死した。

田舎の家の仏壇の上には、軍服を着て旅立つ前の弟たちの写真が飾られていて、
子どもながらその写真から出る異様な覚悟のような雰囲気と
端正な顔立ち。
それを受入れたストレートな眼差しがいつも気になった。


祖父は気にしていた。
お国のために出て行った皆のように、健康体である自分も出向くべきだったのに。
その心が重く自分にのしかかり、島で人のために働き続けた。

祖父にとっては、それは人生でとても大きな罪だったろうと思う。
「自分は悪い。自分が悪い。」
それを深く刻んだことだろう。

-------

私たちは皆、そういう集合意識を持っている。
そういう遺伝的背景を持っている。

私が豊かになろうとした時、私に重くのしかかったのは、理由なき罪悪感だった。
私がただ楽しく豊かに自分のために幸せになろうとした時、
それを咎める膨大なエネルギーを感じた。
自分が望んでいた豊かさの生活。
その大台に乗ったと感じた時にやってきたのは、
どうやっても抵抗できない圧倒的な罪悪感だった。
戦争時代の罪悪感だった。

当時の私はまったく気付かなくて、うまくいっていた仕事を一時中断することになった。
なぜだか急に、収入がこれ以上 上がるのを止めようと思ったのだった。
まさかそんなこと、影響しているなんてこれっぽっちも理解できなかった。



愛媛県松山市での祖母の法要。
自然な展開で、会いたかった上海のいとこと同じホテルに泊まっていて、
彼と大人になって初めてしっかり個人的に話す機会を持ち語った晩、
お祖父ちゃんが私にこう告げたこと。

お祖父ちゃんは上海のいとこにも聞いてほしかったのだ。

お祖父ちゃんは、島の皆が仲良く暮らすことだけを大切に生活した。
島の平和のために尽力した。
中国であろうと、日本であろうと、
お祖父ちゃんの、皆が仲良く笑って平和であってほしい気持ちを感じる。
国際結婚で、お祖父ちゃんの子孫の血が、仲良しの平和を結んだんだ。
お祖父ちゃんの血の中で、日本と中国が平和に手を取り合った。

私の毎年のアイダホ行きも、祖父は必ず後押ししてくれているのを感じる。
私はアメリカのホストファミリーと愛し合っている。
ヴァイアナさんや、そこに来る様々な国の人々と交流を持ち、
同じ会場でひとつのことを学んでいる。

祖父の言う、
「戦争で亡くなった人たちを供養してほしい。」
どういう意味だろうか?

聞いた時の重荷、
必要以上に自分がそこに駆り出されていくのではないかという面倒くささと恐怖。

少し冷静になった私。

自分の次なる豊かさの扉と、祖父が持つ戦争の罪悪感。
私に無意識に影響する「私が悪い。」その最後の罪悪感。
これが取れたら、私は大きく成長するだろうなぁと思う。
「私が悪い。」
それはどこから来ているのか?
戦争の記憶がどれだけ私たちのDNAにとって重いことなのか。
私たちはそれを果たして自分のこととして、どれだけ知ることができているのだろうか?

そんなこと、ただ 今、書きたくなった。
魂がそんなこと、表現することを望んだ。

皆さんは、お祖父ちゃんの歴史、どれだけ知っているだろうか?
私たちが豊かさの本当の扉を開ける時、
この罪悪感を、愛と光で私たちの記憶から、変えることが必要になるのかもしれませんー(長音記号2)
posted by Marina at 22:11| 大阪 ☀| シータヒーリング豊かさセミナーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

9月、土曜日開催のシータヒーリング豊かさと願いの実現セミナー開催のお知らせ

シータヒーリング豊かさと願いの実現セミナー開催のお知らせ

pink-gerbera-daisy.jpg


[内容]
○願いの現実化、豊かさを受け取ることに関する学びと解放
・日本では少ない、ヴァイアナさん直伝の豊かさセミナーを受講した際の内容をシェア
・ヴァイアナさんが豊かさと願いの実現セミナーを作った理由と創造主の意図
・後悔、憤り、恨みの残る体験と思い込みの解放
・豊かさと遺伝的思考パターンの関係について
・本人では気付きにくい、遺伝的豊かさを阻む思い込みを見つける方法
・両親アプローチの掘下げデモンストレーション
・テキストには載っていない、
 ヴァイアナさん直伝の豊かさに関するダウンロードリストからのダウンロード


開催日:9月7日、14日(毎週土曜日)
時間:10:00〜17:00
場所:シャサ ヒーリング ライト スペース
   JR・地下鉄鶴見緑地線「京橋」から2駅
   地下鉄鶴見緑地線「今福鶴見駅」下車、徒歩1分
(お申し込みの方に、折り返し会場案内メールをお送りします。)
持ち物:ミネラルウォーター、筆記用具
※体温調整がしやすい服装でお越しください。

定員:10名
受講費:初受講¥50,000(CD・テキスト付き)     
     再受講¥25,000 
     再々受講:¥10,000
※受講料の分割をご希望の方は、PayPalアカウントをお持ちの場合、クレジット払いが可能です。
お申込みの際に、その旨をご一報ください。
詳細→http://sha-sa.seesaa.net/article/365063691.html


■お申し込み方法■
1)お名前
2)お名前ローマ字(修了証発行のため)
3)郵便番号&住所(ふりがな)※数字、ハイフンは半角英数で記載ください。
4)連絡先(携帯番号)※数字、ハイフンは半角英数で記載ください。
5)再受講以上の方は、
   最終修了セミナー&インストラクター名
6)9月がお誕生日月の方はその旨を記載ください。

を明記の上、件名を「9月シータ豊かさセミナー申込み」とし、
raraiuwa☆yahoo.co.jp(☆を@に換えて)、受付担当:笠尾まで送信ください。
※携帯メールからお申込みいただく場合は、迷惑メール設定で、こちらからの返信に気づかれない場合がございますので先にこのアドレスを登録してから送信いただくことをお勧めします。
また、返信がない場合は、まず迷惑メールフォルダをご確認ください。

ご質問・ご不明な点などありましたら、お気軽に上記アドレスへお問い合わせください。
posted by Marina at 23:24| 大阪 ☁| シータヒーリング豊かさセミナーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

お金は何の投影品?


生きたくない・・・という人がいる。
あまりにも見たくない問題が起こると、私たちは目を閉じ、鼻を閉じ、耳も塞いで口をつむぐ。
心を閉ざし、何か違うものによりどころを求めて依存する。
そうやって見ないようにしてきた問題がたくさんあるんだなぁ。。。と、思う。

特に、お金の問題は見たくない人が多い。
そう、クリエーターは私に言った。

お金にまつわる問題は大きい。
また、クリエーターが私にそう言った。

クリエーター曰く、私たちの世界は今、お金に支配されている。
お金、お金、お金、お金・・・お金に向くようコントロールされている。
世界がお金を見れば見るほど、私たち自身を見なくて済むからだと
クリエーターはそう言った。

お金がほしい、お金を稼ごう、お金が世界の中で一番必要なものだから。
そういう方向を向いて生きていたら、私たち自身はおざなりになり、
働くことに一生懸命になり、外を向いて走る生き方をする。

内側と断絶が起こり、虚しさや苦しさがあれば、稼いだお金で何かを買うことで満たす。

買った瞬間の満たされた心地がほしくて、私たちは更にモノを買う。
生きている限り、それがずっと続く。

その生き方がメインとなり、少しの時間で少しだけ心を覗く。
少し覗いては、メインに戻り、また少し覗いては戻る。

生き方を変えるのは難しいと人は言った。
生き方を変えたくても変えられない人がほとんどだと世間は言った。

愛されたい愛されたいと願いながら、お金を追いかけて進む毎日だ。

お金と愛。
まるで反比例しているように思う。
お金は外。愛は内。

矛盾した二つのものを追いかけるのは苦しい。

そして人は二束のワラジを履けなくなる。
どちらか一方に偏った生き方になるんだ。

本当はひとつなのに。

お金も愛も、すべてはひとつのところにあるのに。。。

もし私たちが愛に満たされた世界の中で生きたなら、
私たちはやがてお金を求めなくなるだろうか?

お金は何の代用品?お金は何の投影品?

お金は私たちの欲の投影品?

お金があれば私たちは何でも買えるから。

じゃあ何のためにそれを買いたいのか?
買いたいものにはすべて目的が刻まれている。

本当にほしいものというのは、私たちの人生に関わるからほしいのだ。

欲は何でできているのか?
欲の元にあるのは、私たちの生きる目的の達成である。

生きる目的のために、与えられたひとつの大事なツール。
それが欲。

だとしたら、欲はそんなに悪いものじゃない。
いいや、悪くない。
欲とは、私たちの人生の達成のために必要なかけがえのない宝だ。

生きる上で欲がないと私たちは生ききることができないのだ。

欲を持つ人は多い。
欲を持てば持つほど、人は心をなくした。

なぜか?
生きる目的を忘れ生きたからだ。

生きる目的を忘れない限り、人の欲は輝かしい才能を発揮するのだ。

さっきの答え。

もし私たちが愛に満たされた世界の中で生きたなら、
私たちはやがてお金を求めなくなるだろうか?

お金は何の代用品?お金は何の投影品?

愛に満たされた世界がきても、人はお金を求め続ける。
求める欲。
それは人生の目的を達成したいという願いだからだ。
求め続けることは自然なことで、
求め続けていいものなのだ。

愛してる。
その心は私を動かす。

愛してる。
その心が私を生きさせている。

愛してる。
その心が私を導く。

愛してる。
だから、私たちは人生を達成する。

愛してる。
だから私たちはお金がいる。

愛してる。
そのお金を使って、人生の目的達成のために生きるんだ。

お金と愛はひとつなのだ。

すべては 愛してる から生まれるんだ。


-----------------------------------------------------------------------------------------
私に起こす地球の調和・地球力アップセミナー

テーマ:お金と愛の表現について

開催日:2月24日(日)
時間:10:00〜16:00
場所:SHA-SA HEALING LIGHT SPACE
   シャサ ヒーリング ライト スペース
   JR・地下鉄鶴見緑地線「京橋駅」から2駅
   大阪市営地下鉄鶴見緑地線「今福鶴見駅」下車、徒歩1分 
   (詳細はお申込みの方にのみ返信します。)
受講料:10,000円
※こちらで用意している額を購入希望の方は、別途2,000〜4,000円ご用意ください。

持ち物:筆記用具、クレヨン、ミネラルウォーター、
※体温調整しやすい服装でお越しください。

■お申し込み方法■
1)お名前(ふりがな)
2)連絡先(携帯番号)
3)お誕生日月が2月の方は、2月○日と記載ください

を明記の上、件名を「地球力アップセミナー申込み」とし、
ainoki.art☆gmail.com(☆を@に変えて)担当:堀内まで送信ください。
※携帯メールからお申込みいただく場合は、迷惑メール設定で、こちらからの
 返信に気づかれない場合がございますのでご注意ください。

-----------------------------------------------------------------------------------------

藍の木:堀内京子ちゃんのainoki art、もっと見たい方はコチラ↓↓↓

●「育み」 → http://blog.livedoor.jp/ainoki_art/archives/4086416.html

●「おもいっきり わたしを」 → http://blog.livedoor.jp/ainoki_art/archives/4044618.html

●「ひとつのこころ」 → http://blog.livedoor.jp/ainoki_art/archives/4031806.html

●「ココロとカラダの声A」 → http://blog.livedoor.jp/ainoki_art/archives/3989113.html

●「ゆるし」 → http://blog.livedoor.jp/ainoki_art/archives/4250816.html
posted by Marina at 19:33| 大阪 ☁| シータヒーリング豊かさセミナーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする