sha-sa_logo.jpg
                                        
☆HPはコチラ
                                       
< シャサ・NEWS!>
☆お正月休みは2017年1月3日まで☆
  
☆ART専用ブログ は コチラ
http://ameblo.jp/marinaart/
☆スピリチュアルなお話ブログは コチラ
http://ameblo.jp/marina-enlightenment/
☆インスタグラムは コチラ
https://www.instagram.com/marinanishide/
                                     
☆絵画に関するお問合せ/オーダーは、
contact☆sha-sa.com(☆を@に換えて)までメッセージお願いいたします。
                                                                               
奇跡の法則・子どもたちと一緒に応援!asobi ARTシリーズ 作品集
                                       
☆奇跡の法則・愛の広がりプロジェクト〜あなたという絵から派生する絵々〜
・第1弾!仕上がった販売中の絵画はコチラ
・第2弾!仕上がった販売中の絵画はコチラ
・第3弾!仕上がった販売中の絵画はコチラ
※第1弾〜第3弾までのネットショップはコチラへGO!                                        
・第4弾以降の絵画閲覧&ご注文はコチラからどうぞ!
(※第4弾以降は、個人オーダーのみ、波及した9枚の絵は出来上がりませんので、ご注意ください。)
                                                       
奇跡のメダイ教会マリア様のメダイを使用したクリスタルジュエリーマリアライトジュエリー誕生! コチラ
                                                                               
[シャサ応援告知]
シャサでサポートさせていただいたHealing ART support ANANDAさんの
ネットショップ&ブログがオープンしました!
・ネットショップ:コチラからご覧ください!
・ブログ:コチラをどうぞ!
・マリアメダイとオルゴナイトを使った「祈りの花ジュエリー」誕生! NEW! コチラ
                                       

2010年10月15日

アメリカの基礎セミナーとSHA-SA基礎セミナー開催のお知らせ

皆さん、こんにちは晴れ

カリフォルニアはサンフランシスコを
シータ仲間のガイドで旅して本当に良かったと思うこと、
いっぱいあるんですが、
中でもサプライズexclamationな経験だったのが、
Rio(リオ)が、
共にアイダホで学んだDr.リサの基礎セミナーにアシスタントとして参加することになっていて、
私も一緒に参加させてもらえたことでしたひらめき

アメリカ版、シータヒーリング基礎セミナーを見学できる またとないチャンスexclamation×2

Dr.リサの基礎セミナーは、
とってもビジネスとしてプロフェッショナルに見せている感じのセミナーでした。
プロジェクターを駆使したり、自分なりにパワーポイントでテキストがまとめられた状態にあり、
絶対聞こえるハズなんだけど、ヘッドホンみたいになったマイクをつけて話してました(笑)

彼女の掘下げはとても迫力があり、
前でデモに立った皆さん、感情が出てきて結構泣いてらっしゃいました。
激しく感情を出した方の時には、思わず私もサポートに入り、
背中をさすって、無条件の愛を送らせていただいたり、
ヤングリビングの呼吸器系RCのオイルを嗅いでもらったりしました。

更に、日本だと言葉があまり話せないで、ただ、見てみたいから参加するとかいう状態だと、
隅の方で勝手に見せてもらうイメージしかなかったのですが、
輪の後ろに座ろうとしたら、サークルの中に入るよう言われ、
「この場にいる全員がサークルになるのよ。そしてあなたもワークに参加するのよ。」と、
有無を言わさず強制的にワークに参加することが決定したのでしたふらふら

思ってもいなかったアメリカでの基礎クラス受講(笑)

毎度、毎度、最初と最後のお祈り時に一人ずつ感想を言わなくてはならず、
その感想さえも、英語がままならない私にとっては、
自分の番が回ってくることが緊張の連続でしたもうやだ〜(悲しい顔)わーい(嬉しい顔)

ワークも、初日にある無条件の愛でヒーリングするものや
グループヒーリング(これは、言葉がいらないからいいんですが)、
筋肉反射の練習やエンジェルリーディングや将来リーディングなど、
英語を必要とするものにも参加させられました。。。

その度に、クリエーターにただただ祈るしかなく。。。
「このワークの場が最高最善に愛で満たされ、受け入れられるように。」と。

そして、修了時には、参加者の方全員と親しくなれていて、皆さんに連絡先を聞いてもらい、
熱いHUGと共にお別れすることができたのでしたぴかぴか(新しい)

このセミナーを終えて、何だかすごく自信になりました。
そんなに言葉ができないと思っていても、ワークできるし、
受け入れてもらえるんだなぁと思えましたグッド(上向き矢印)


このDr.リサの基礎セミナーだけでも、
私は十分にアメリカのセミナーのエッセンスを吸収できて満足だったのですが、
2週間後に、リオが
自分の家・Grass Valley(グラスバレー)に帰らなくては行けない日がやってきて、
もう一人の友人:Ra Be(ラビ)にガイドをバトンタッチしてくれ、
ラビの住む共同アパートの屋根裏に泊めてもらうことが決まっていたのですが、

Cali 226.jpg


どうしても2日間は貸せないとのことで、ホテルを探して泊まらないといけないことになっていました。

そのホテル話を、その日訪れたシータラッパー:ジェームスと彼女:テイラーのお宅で
リオとどうするか話していたら、
聞いていたテイラーが、
「ホテル?住むとこが必要ならうちに泊まったらいいじゃない♪」と、提案してくれて、
2〜3日泊めてもらうことに。
すごく有り難いお話。。。(テイラーの優しさに感謝exclamation

ということで、泊めてもらった次の日の朝が、
彼らの基礎セミナー2日目開催の日だったので、一緒に来るか聞かれ、
私はまたしてもアメリカ版基礎セミナーを2日目から見学できることになったのでしたわーい(嬉しい顔)

ジェームスがメインでテイラーがサポートするセミナーでしたカチンコ

そして、彼らは、セミナー開催をホストしてくれる方がいて、
その方の自宅兼サロンスペースでの開催でした。

お宅にお邪魔してビックリ!!

めっさお金持ち満載のお宅でしたグッド(上向き矢印)

家の庭からヨットハーバーに通じていて、そのまま自分の船で航海に出れるんです!

Cali 187.jpg


プール付き、お花がいっぱい咲いたお庭。

Cali 185.jpg


家の中もリッチな家具とたくさんの仏像が飾られています。

Cali 197.jpg



ジェームスに「あなたはこんな素敵な場所で開催できるなんてラッキーだexclamation」と言ったら、「分かってる手(チョキ)」とニンマリしていました。

そして、彼らのセミナーが始まり、ここでもまたしてもサークルの中に入るよう言われ、
ダウンロードなどのワークを一緒にさせてもらいました。

そして、同じアメリカ人のセミナーでも、やはり個性が全然違っていて、
彼らはテキストをよく読む点で、日本のセミナーに近いような気がしました。

ただ、Dr.リサもジェームス&テイラーも、
どちらも共通しているところはエンターテイナーなところでした(笑)

Dr.リサはまるでテレビのできる司会者のように見せる話し方や褒め方をする感じ、
ジェームス&テイラーも褒め方はもちろん、
掘下げ時やダウンロードする時にエンターテイナーな要素が満載でした。

やっぱり、楽しむという点やできたことを褒めて一緒に喜ぶという点において、
見習いたいなと思うのでしたひらめき

そんなこんなで、アイダホでは、ヴァイアナのエッセンスを吸収し、
カリフォルニアでは、シータサイエンスなアメリカ人インストラクター2人の
基礎セミナー・エッセンスを吸収させてもらい帰国した私。

その第1回目の基礎セミナーが23日〜始まります♪

ブログでの紹介が今頃になってしまいましたが(汗)、今回は、それらの経験を活かして、
今までの自分のセミナーとはまた違う感じでできたらなって思っていますー(長音記号2)


私の人生は、シータヒーリング基礎セミナーを受けたことで一変しました。
人生の車輪がしっかりとハマリ、やっと動き出したかのような 
生きている実感をより強固に運んできてくれました。

やりたいことがすべて叶っていくようになりました。

自分の閉鎖されていた思い込みが開かれて、
自分というものをより理解できるようになっていきました。
そして、その理解した自分を愛していけるようになりました。


誰もがただ愛に還っていく過程を歩んでいます。
どう歩くかは、自分で選択できます。
何をツールとしてその歩みを進めるかも自分で選択できます。

私は仲間と共に楽しみながら、自分というものを最大限表現して、生きていきたい。
愛を体現して生きていきたい。

それをぴったりハマッて導いてくれるのがシータヒーリングでした。

基礎セミナーを受けたいと感じている方は是非その感覚を信じてみてください。
迷っている方は、それを選択することとしないことのどちらが
自分に愛を感じるかを感じてみてください。
再受講を考えている方は、特に何をもう一度より吸収したいのかという目的を明らかにして
参加してみてください。

きっと、受講して良かったと思うことがいっぱいあるでしょう。
受講後の人生がどんどん生きやすく変化していくでしょうぴかぴか(新しい)

皆さんとお会いして共に学べること、
変化していく過程をこれからずっと共に、
その喜び共有していけること、
とても楽しみにお待ちしています。

今日も愛と感謝を込めてー(長音記号2)


-----------------------------------------------------------------------
シータヒーリング基礎DNAセミナー

開催日:10月23、24、30日(土・日・土)
    ※合計3日間のセミナーです。
      
時間:9:30〜17:00
場所:SHA-SA HEALING LIGHT SPACE
   シャサ ヒーリング ライト スペース   
   JR・地下鉄鶴見緑地線「京橋駅」から2駅
   地下鉄鶴見緑地線「今福鶴見駅」下車、徒歩1分
  (*お申し込みの方に折り返し会場案内メールをお送りします。)

持ち物:ノート、筆記用具、ミネラルウォーター、
    必要な方はスリッパまたは厚手の靴下
定員:10名

初回受講料:¥45,000 (テキスト・書籍込み)
再受講:¥22,500
再々受講:¥5,000/日

インストラクター:西出麻里奈(marina)

          
○自分の思い込みの考え方を書き換えたり、
○将来や過去生のリーディングができるようになったり、
○守護天使とお話しできたり、
○ソウルメイトとの出会いワークや、
○夢と願いの実現ワークが・・・

学べます!

それはそれは、楽しいですよ〜グッド(上向き矢印)


■お申し込み方法■

1) お名前 (漢字)
2) お名前 (ローマ字)←修了証発行のため
3) 郵便番号 住所 
4) 携帯電話番号(当日の連絡先)
5) メールアドレス
6) 受講歴(初受講/再受講/再々受講) 
  再受講・再々受講の方は受講年月日、
  インストラクター名をお書き下さい。
 
以上をご記入の上、
件名を「10月シータ基礎セミナー申込み」とし、
contact☆sha-sa.comまでお申し込み下さい。
(☆を@に書き換えて送信ください。)


ご不明な点、質問などがありましたらお気軽にご連絡下さい。

シータヒーリング・ジャパン
ヴァイアナの米国ネイチャーパス日本支部
シータヒーリング日本語オフィシャルサイト
http://thetajapan.com/
シータヒーリング本部 ヴァイアナの米国ネイチャーパス
シータヒーリング英語オフィシャルサイト
http://thetahealing.com/

----------------------------------------------------------------------------



posted by Marina at 15:43| 大阪 ☀| カリフォルニア・スピリチュアルジャーニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

カリフォルニアでシータ仲間と再会!!

「カリフォルニア一人旅!!」の続きをお届けします。

皆さん、こんにちは晴れ

さてさて、ホテルの予約が1泊しか取れなかった私は、リッチなホテルの1室で、
どうするのが最高最善か、クリエーターに相談し始めました耳
実は、カリフォルニアに友達がいないワケではないのですグッド(上向き矢印)

アイダホで2ヶ月間セミナーを共にした仲間の中にカリフォルニアから来ている人はとても多く、
中でも、仲良くなって、一緒にティトン国立公園などにも行ったエリカルド(通称Rio(リオ))と、Ra Be(ラビ)という友達がいて、
セミナー最終日に、いつ日本に発つのか聞かれたので、
「19日にカリフォルニアに旅立って、10月13日頃日本に帰るよ。」と伝えました。
そしたら2人共ビックリして、まさか私がこの後カリフォルニアに来るとも、
しかも1ヶ月もいるとも思っていなかったので、
喜んでくれて、「来るなら是非連絡して!観光に連れてってあげるから!!」と、
名刺をくれたのでした。

でもその時は、一人旅に意味を感じていたので、
連絡して色々連れてってもらうと楽で楽しいけど、
一人で・・・って思って、連絡する気はありませんでしたひらめき

しかし、現実問題、ホテルが見つからないだけでなく、
毎度毎度、大きなスーツケースと共に知らない街を移動するというのは至難の業。
気力がすぐ尽きてしまいそうなほどの荷物だったりもして、だんだん考えが変わってきました(笑)

そして、自分のハートが一番心地よい決断をしようと思ったら、
友達にサポートしてもらう旅になりましたカチンコ

私がホテルをチェックアウトする月曜日に、
リオがアイダホから車でサンフランシスコを通って帰宅することを知っていたので、
夜電話して、事情を説明し、サンフランシスコの1角でピックアップしてもらうことになりました車(セダン)


このカリフォルニア1ヶ月の旅、この時は一体どうなるのか想像もつかなかったのですが、
今、半分くらいの月日を過ごしてみて、この決断をして本当に良かったと思うことばかりになりましたぴかぴか(新しい)


ホテルをチェックアウトしてからピックアップしてもらうまでに時間が結構あったので、
ホテルからすぐの海へ行って、2時間くらい音楽を聴きながら、
色々旅のマニフェストを追加して過ごしました。

Cali4.JPG


Cali5.JPG

※初めて見た桜色のまん丸なお花。海のベンチに植わっていて、可愛かったので思わずパチリカメラ

その時、出てきた自然な気持ちは、観光が目的ではなくて、生活を体験したいという感じでした。
例えば、ホテルではなくて、ホームステイとか。
観光地ではなくて、生活に密着した場所で過ごすとか。
たくさんの人に囲まれて、英語もたくさん話す機会があるとか。
あと、ロサンゼルスではなくサンフランシスコを選んだのは、
スピな人たちにたくさん会える気がしたからでした。
なので、そういう人たちと知り合って友達になれる・・・など。

マニフェストして充実した時間を過ごし、
その後は、携帯電話のプリペイド残額が少なくなっていたので、
空港に行けば携帯電話の会社が入ってるだろうと思い、一度空港へ戻りました飛行機

そして、インフォメーションへ携帯ショップが入ってるかを聞きに。。。

その日はアジア人顔のおばぁさんがスタッフとして入っていて、
英語で聞いたら携帯ショップはないとの回答。
サンフランシスコ国際空港は大きな空港だし、関空や成田みたいに携帯会社は普通に入ってるだろうと思っていたので、めっちゃ驚きました。

その様子を見て、おばぁさんは「日本人ですか?」と、日本語で聞いてくれて、
どうやらおばぁさんは日本人だったことが判明!

携帯プリペイドのチャージをしたいと話したら、おばぁさんも同じ携帯会社を使っているのでと、
会社の電話で問い合わせてくれて、そのまま電話でチャージを完了させてくれました。

そして、リオとの待ち合わせ場所にどこを指定したらピックアップしてもらいやすくて、
自分も行きやすいかなど訪ねるっことができ、
荷物が重すぎて電車は無理なので、と、相乗りタクシーみたいなのを教えてくれて、
乗り場まで私を連れて行き、運転手さんに場所を伝えてくれて、
おまけに携帯番号を教えてくれて、
何か分からないことや通訳が必要になった時はいつでも電話してくれたらいいからねと(涙)

またしても、親切な人と出会え、助けてもらったことに感動なのでしたぴかぴか(新しい)

そうやって無事、待ち合わせ場所まで楽に簡単に辿り着くことができて、

Cali6.JPG


時間があったので近くのカフェでお茶をして時間をつぶしていると、
インフォメーションのおばぁさんから電話が携帯電話exclamation
無事に着けてるかわざわざ確認の電話をくれたのでしたもうやだ〜(悲しい顔)
更に、私が大きなスーツケースを持ってカフェでネットしていたので、
ホテルを探してるように見えたらしく、
隣に座っていたビジネスマンが「ホテル探してるの?手伝おうか?」と、
声をかけてくれたりしましたぴかぴか(新しい)

サンフランシスコは都会だけど、皆いい人達ばかりだと感じますー(長音記号2)
そういう人達ばかりに出会えるということは、
自分自身にそこにまつわるネガティブ思考がないということでもあるし、
トラブルが起こらないということは、
その土地に関するワールド・リレーションズ的問題もないということでもあるので、
親切な人達ばかりと知り合える自分を誇らしく思ったりもしましたわーい(嬉しい顔)


さてさて、そうやって、感動しっぱなしながら、リオとも無事会えて、
有名な観光名所と思われる港にサンセットを眺めに連れてってもらい、
インド料理を食べた後、ラビのアパートへ泊まりに行きました。

Cali8.jpg

※ナンにビックリ目ソフトかハードか聞かれて、ナンはナンでしょ!と思いながら、
ハードはピザのクリスピー生地みたいなのかなって思って、ソフトを頼んだら、
めっさ薄い丸く膨らんだ、油っぽいナンが出てきた
たらーっ(汗)

セミナー終了後、もうしばらく会うことはないだろうと思っていた友達と、何と3日で再会(笑)



ラビの住むアパートメントは、大家さんを始め、住人全員がベジタリアンまたはビーガン(ベジタリアンよりもっと卵なども食べない)で、
スピで、アーティストというすごい特色のアパートでした。

1階のリビングルームのような広間には、手作りのローフードの瓶がたくさん置かれていて、遊びに来た人たちが買っていく用に売られていました。
ココナッツバターや、アボカドバター、マルベリー、カカオ粉などなど。。。

1部屋は6畳くらいの広さで、バスルームは全体に対して2つ。

日本の昔の共同住宅みたいな感じです。

便利な都会にあるのだけど、小さなお庭もあって、リンゴはなってるし、ハチミツは取れるし、ケールやトマト、バジルなどが植えられていました。

Cali9.jpg


何だか、マニフェストしたことが、彼らのおかげで早速叶いつつありました演劇

スピな人たちと知り合えたし、
生活を感じたり、体験させてもらい始めていました。

ここに来て、初めて、リオやラビとの関係が分かってきた気がします。

私は自分のソウルファミリーやソウルメイトと呼ばれるような近しい関係の人を見たら、昔からその人が光って見えました。
高校からの親友Sちゃんも、スピなセミナーで知り合ったaoiちゃんも見た瞬間光っていて、子の人と友達になると思うとワクワクしました。
同じように、アイダホで最初ラビを見た時も光っていて、途中から来たリオを見た時も光っていました。
アイダホで一緒に生活した誰もが私のソウルファミリーであり仲間ですが、
中でも彼らは近しいソウルファミリーだと感じる数人の中に入っていました。

カリフォルニアに来て、彼らのおかげで、この後色んな貴重な体験をさせてもらうことができ、
たくさんの知り合いができることになり、
そういう意味でも本当に感謝・感謝な私のソウルファミリーたち。

また、追って、お知らせしますが、
ラビもリオも春に大阪・神戸でセミナー開催することになると思います。
彼らもまた日本と縁があるようです。

皆さんにも彼らの素晴らしい感性に触れてもらえたら嬉しいですー(長音記号1)
posted by Marina at 12:28| 大阪 ☀| カリフォルニア・スピリチュアルジャーニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カリフォルニア1人旅!!

皆さん、こんにちは晴れ

私は今、9月17日にDNA3T(ティーチャー)コース再受講を修了してから、
アイダホフォールズを離れ、カリフォルニア・サンフランシスコに来ています飛行機

実は、この旅、ある受講生さんが基礎セミナー受講中の練習、
将来リーディングでしてくれた時に得た情報をヒントに決めたものでして、
練習代になった時、特に何についてみてほしいというものがなかったので、
クリエーターに、いつについて見てもらうのが最高最善か聞いたところ、
10月≠ニいう答えが返ってきたので、
「なるほどひらめき
シータ・サイエンスの資格を取得してアイダホから帰って、
自分がどんな風に変わったのかって気になるところだな。」と・・・
10月の将来リーディングを希望したのでした。

そしたら、受講生さんから返ってきた答えは、
「marinaさん、まだアメリカにいますけど・・・。」と。

私は思ってもみなかった答えに「え!?まだアイダホにいるの?何で??」と、
混乱ぎみに尋ねました耳

彼女は「いや、アイダホじゃないみたいです。どこか西海岸のような。。。カリフォルニアとか。。。」と、答えながら、
片目からじわっと涙をにじませていました。

そして、「marinaさん、クリエーターと繋がってる感覚、やっと分かったような気がします。。。」と言って、すごく神聖な情報を得ている感覚に包まれているようでしたぴかぴか(新しい)

私にとって、今回のアメリカ行きはディバイン・タイミング≠セということを
豊かさと願いの実現セミナーと3月に東京で受けたDNA3Tコースの時の
ディバイン・タイミングを見るワークの時に情報として得ていました。

ディバイン・タイミングというのは、人生で何度かある決めてきているタイミング≠フことで、
他の体験については自分の自由意志でその都度変えていけるのですが、
このタイミングと体験だけは、生まれてくる前の設定であり、
生まれてからの自由意志に関わらず起こる転機だそうです。
どんなに抵抗しても、決まった期間内に必ず起こるとか。

なので、この受講生さんがリーディングをして、すごく神聖な感覚を感じとってくれたのは、
ディバイン・タイミングを見てくれたからかな・・・と、
私も何か学ばせてもらったような神聖な体験でした。


そして、自分の中にはアイダホで十分お金使うし、期間も長く滞在するし、
英語はできないし、尋ねられる・頼れるような友達も特に思い当たらないし、、、
というこりかたまった思考で、考えても見なかった西海岸を旅するというプラン。


何だかまたとってもワクワクして、それに見合うお金が用意できるあてもなかったですが、
カリフォルニアに行こう!≠ニいうことだけは、その時に決めたのでしたグッド(上向き矢印)

そうして、アイダホでのすべてのセミナーを終える頃が近づいて、
カリフォルニアに発つ日や、サンフランシスコに行くのか・ロサンゼルスに行くのか・・・
ホテルはどうするのか、など決めなければいけない時が迫っていたのですが、
どうしても決める気になれず、
結局直感的にはすべて当日決めて、その流れに乗るのがしっくりきたので、
すっごく不安だったんですが、それに従うことにしました。

これ、私にとっては、初めての海外一人旅。
しかも英語もつたなく、誰かにプランを手配してもらったものでない、自力で進む旅でした。
かなり勇気がいることで、カリフォルニアに行ったところで、
どこを観光したいという思いもなかったので、途方にくれる旅と紙一重な気がしました。

でも、もし一人でアイダホからカリフォルニアまで旅立って、ホテルも自力で見つけて、、、
ってできたら、自分にすごく自信がつくような気がしました。
安定・恐がり思考の自分の殻をひとつ破れるような。。。

そう思うと、よくバックパッカーで一人、貧乏旅行したりする数人の友達を見て、
「皆すごいなぁ。よくそんな一人で行けるよなぁ。英語ができるなら分かるけど。。。」
とか思って、尊敬すると同時に、
自分もそうなれたらなぁ・・・って思っていたことを思い出しました。

・・・と、思うと、
これってある意味念願叶う機会をクリエーターから与えてもらったってことやんなひらめきっと、
自分が無意識で願って、昔、昔にマニフェストしてたんだということに気がつきましたぴかぴか(新しい)


そうやって、9月19日(日)の朝5時、
アイダホでのルームメイトだったナルちゃんの出発に合わせて空港に行き、
当日サンフランシスコ行きのエアチケットを買うことに。
空港に行けば、当日券が買えると思っていた私は、晴れ朝5時には売っていないことが判明し、
結局、送ってくれたホストのローリーにお願いして、
電話で購入してもらったのでしたたらーっ(汗)

ローリーは「何て、準備不足・行き当たりばったりな子だ!」と思ったことでしょう(笑)ダッシュ(走り出すさま)
そうやって、無事にチケットを購入し、
朝7時頃の便で、ソルトレイク経由サンフランシスコ国際空港に到着飛行機
自分でも驚くほど、落ち着いていて、緊張やドキドキ、不安なく旅立つことができました手(チョキ)

しかし、しかし、到着後、ホテルを探そうと、
空港のインフォメーションにホテルガイドをもらいに行ったら、そういうものは置いてないとのこと。仕方ないので、PCを開いて、ネットで探し始めたけれど、当日ネットで予約というのは難しかったので、何件か電話してみることにphone to

英語もともとできない上に、電話でネイティブの英語を聞き取るのは至難の業!

シータでいくつか思考をクリーンにして挑みます。。。

だけど、どこも、アナウンスに繋がって、
予約はいっぱいだから日を改めて・・・という内容が流れていました。

だんだん、日も暮れてきて、気が付くと、19時近くなっていましたあせあせ(飛び散る汗)
14時過ぎくらいに着いてたから、5時間くらい空港にいてグズグズしていたことにexclamation
(まぁ、ホテル探しだけでなく、
お昼食べたり、観光スポットリサーチしたりもしていたのでけれど・・・わーい(嬉しい顔)

だんだん、本気でホテル探さないとと思えてきて、
またシータでホテルが見つからないメリットを掘下げてワーク。

そして、もう一度インフォメーションに行って、
どこかお勧めのホテルはないか聞いてみることにしました。

そしたら、さっきとは違うインフォメーション・スタッフのおじいさんがいました。
(多分定年退職したおじいさん・おばぁさんで成り立ってるみたいなんですが。)
そして、つたない英語で尋ねたら、
何やらホテルを予約して来ていないことにビックリしている様子。。。

よくよく話を聞いてみると、
明日から1週間、サンフランシスコでとても大きなコンピューター会社の国際会議があって、
世界中から人が集まってくるので、
サンフランシスコのホテルはどこも予約でいっぱいなのだとか・・・がく〜(落胆した顔)

「何で予約して来なかったの〜?exclamation」と、おじいさんダッシュ(走り出すさま)

それでも、すごく優しくて、私がプリペイド式の携帯しか持っていなかったので、
空港の電話を使って、空港近辺のホテルに空きがないかを色んなホテルに聞いてまわってくれました。

最初は少しでもリーズナブルな価格のところを聞いてまわってくれたのですが、
全く空きがなく、値段に関係なく探してくれて、
やっと1件だけ、今日だけなら泊まれるホテルが見つかって、
シャトルバスのところまでも連れて行ってくれるという面倒までみてくれたのでした。

あまりの優しさに、ホテルがなかなか見つからないことよりも、
その行為に感動してしまいましたぴかぴか(新しい)

カリフォルニアに来る数日前にマニフェストした中に、たくさんの現地の人が助けてくれる
というのを入れていたことを思い出し、
クリエーターとおじいさんに感謝・感謝なのでしたー(長音記号2)

そして、おじいさんは、
「結局明日からのホテルは取れてないワケだから、誰かサンフランシスコに友達はいないのかい?
明日からの予約は完全に無理だと思うから、友達がいるならその子に泊めてもらった方がいいよ。」
と、アドバイスしてくれて、
「それも無理なら、明日また空港に帰っておいで。
明日は月曜日で日本人スタッフも居て、相談しやすいからホテルを探してもらうといいよ。」
と言ってくれました。


予約の取れたホテルは、HYATT REGENCY San Francisco Airport で、
何と1泊270ドル(¥25,000くらい)のツインでした。
21時くらいにチェックインしたので、12時半のチェックアウトまでと、
ちょっとの滞在&1人なのにベット2つというもったいなさはありましたが、
アイダホでの2ヶ月のクリアリングのおかげで、
楽しむことやポジティブな気持ちがより解放されていたのでしょう。。。

「このホテルに泊まるのがサンフランシスコの初日で良かった。」と、思いました。
もしこれが、滞在予定1ヶ月のうちの、最後の方にホテルが取れなくて・・・ってことなら、
お金も尽きてきて、不安に思ったかもだけど、初日でまだ全然お金使ってない状態でだし、
こういう機会(ホテルの予約が取れない)のおかげで、
リーズナブルなホテルだけじゃなく、リッチなホテルも体験することができたんだなってグッド(上向き矢印)
体験できるってこと自体が素晴らしいよなってひらめき思え、ぴかぴか(新しい)
やっぱり、クリエーターに感謝なのでしたー(長音記号2)

Cali1.JPG

※泊まったツインルーム

Cali2.JPG

※ホテルの中庭

Cali3.JPG

※ホテルの窓から見えるサンフランシスコの景色
posted by Marina at 09:20| 大阪 ☀| カリフォルニア・スピリチュアルジャーニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする